ASICS レスリングシューズ MATFLEX 6 レビュー - 筋トレにおすすめ

トレーニング、主に筋トレで使い安い靴を探していたのですが、プロの人から格闘技用のシューズ、特にレスリング用のシューズをおすすめされたのでアシックスの商品を購入し試してみました。

アシックスを選んだ理由は、品質の高さやコスパが良いだけでなく、現役当時の吉田沙保里さんが使っていたのがアシックだったからです。実際吉田さんのデザインモデルが販売されています。

あくまでトレーニング、筋トレ向けでの使用なので、レスリングに関わるレビューは出来ませんのでご了承下さい。

概要

MATFLEX 6はエントリーモデルで、日々の練習におすすめの一足です。
靴がつま先付近で曲がるように作られているため、マットの上で足の指の付け根が必要な位置に入ると、靴が足の周りに形成され、保護と快適さを提供します。

フィット感

アシックス レスリング シューズは非常にタイトに作られているため、フィット感が強いことを意識するのが重要です。
タイトフィットは、ルーズフィットよりも足首と足を保護します。
普通の靴に比べて、足の履き口が狭いですが、履くと少し膨らむので、違和感はありません。

サイズ感

サイズは横幅がアシックスのスタンダードなので、2E相当の横幅です。なので普段日本人向けの横幅2Eの靴を履いている人は同じサイズで十分です。
普段ナイキなどワイズDの靴を履いている人は0.5センチほどサイズを下げた方が良いです。
サイズが決まったら、靴ひもを縛るとぴったりとフィットします。

接地感

ソールが薄くきちんと曲がるため、地面を感じやすいです。
それでいて、レスリング用なのでとてもグリップが効き、トレーニングする際には足がしっかりと固定できて非常に重宝します。
どこでも器用に踏ん張りが効くため、筋トレする時に足の位置を確保しやすいです。

走れるか?

結論から書けば、走るべきではありません。

トレーニング中にマットを走り回ることは許容されますが、可能であれば、トラックや屋外でこれらを着用して走らないでください。

マット上でのみ使用されることを意図して作られています。ウェイトリフティングに使用する人もいますが、アーチサポートがないため、ガチでの利用はお勧めしません。

最後に

全体として、素晴らしい価格と品質の製品で、すべてのトレーニングをしている人にアシックスレスリングシューズをお勧めします。
当然、個々人によって体格や感覚が異なるため、合う合わないは有ると思いますが、比較的多くの人に勧められます。
多くのトレーニングとパフォーマンスを向上させる手助けになるでしょう。


上位モデルとの明確な差は、足のフィット感です。特に足首のフィット感が違います。

上位モデルのレビューはこちらから。

おすすめの記事